剣道用品 取扱い上の注意

(用途)
剣道以外での使用はお断り致します。剣道をする時、頭部に装着する物で、竹刀での打ちや突きから頭や顔を保護する為の防具です。
(警告)
下記事態の発生時は販売店にご持参ください。
※面金の物見は15ミリ以下ですが、広がると竹刀突入の可能性があり危険です。
※面金の縦、横の棒が曲がっている物は危険です。
(注意)
販売店にご持参ご相談下さい。
※顎のグラグラした物、布団と顎の接合部分の破損した物、2重顎(内垂、突き垂用心垂)が外れそうな物は竹刀で喉を突かれる可能性があり、修理が必要です。
※火打ち(天地)が外れそうな物、顔のサイズが合わない物は、顎、額が面の中に正しく収まらないと物見部分より目線が定まらず相手がよく見えないので修理が必要です。
※間違った装着や取り外し方、顎を曲げたり、面金の中に異物を入れると面の機能が果たせず注意が必要です。

甲手

(用途)
剣道以外での使用はお断り致します。剣道をする時に、手に装着して竹刀を握り、打ち込み時、腕や手首、拳を保護する為の防具です。
(警告)
下記事態の発生時は販売店にご持参ください。
※指部分がはみ出ている物は突き指の可能性があります。
※甲手頭の芯材が無いものは拳の打撲の可能性があります。
(注意)販売店にご持参ご相談ください。
※手の内革の破損時は指がはみ出す恐れがあります。
※革の破れは芯材の飛散、紐の破損は保護部の露出、サイズの不適は握りが出来ず上記可能性があります。

(用途)
剣道以外での使用はお断り致します。剣道をする時、胸部に装着する物で、竹刀での打ちや突きから胸部や腹部を保護する為の防具です。
(注意)
販売店にご持参ご相談下さい。
※胸台の竹や合成胴台が破損した物は、竹や破損した胴台が皮膚に触れ切傷をする可能性があり修理が必要です。
※胸の折れ、破損変形、綴じ革、胸、胴乳革(紐を縛る革)胴縁革の破損は胴が体から外れる恐れがあり、直に竹刀で打ち、突きを受ける可能性があり修理が必要です。
※竹刀以外の物で胴を叩いたり胴の上に乗ったりして、対剣道の圧力以外の過重を掛け、胴を破損させないで下さい。

(用途)
剣道以外での使用はお断り致します。剣道をする時、胴の内部の腰部に装着し、竹刀での打ちや突きから腰部や大腿部を保護する為の防具です。
(注意)
販売店にご持参ご相談ください。
※大垂、小垂が帯より外れそうな時、紐の切れそうな時、垂と帯の止め部分の破損時は修理が必要です。


サイズの計り方

剣道具サイズのはかり方